なぜ大学の一般入試での合格率が極端に減ったのか?

夏休みを前にして、大学受験についてのご相談を受ける機会が増えてきました。
そこで今年春に東京23区内の私立大学へ入学した1年生の受験状況をお話しする中で、皆さんが一様に驚かれたことがありました。

それは、「東京23区内の一般入試の合格率は数パーセントしかなかっった!」と言うことです。

政府は東京圏へ若者が集中し地方が過疎化することを防ぐために、大学定員増を禁止し入学者が定員を超過した場合は国からの補助金が減らされる、または不交付にするなど厳しい措置をとります。
かといって定員以下の入学者数では、廃部や大学の合併・吸収など大学そのものがなくなる可能性も出てきます。
早稲田大学のような人気大学がそういったことを懸念して定員を削減したこともあり、募集定員そのものが減っていることも激減の理由のひとつです。

大学入試の種類には、指定校推薦・公募推薦などの推薦入試と勉強への意欲・大学への熱い思い、大学側が欲する人物像が採点基準になるAO入試、そして最後に一般入試があります。
日程的に推薦入試とAO入試が秋から冬にかけて行われますが、推薦入試とAO入試でほぼ定員を大学側が確保してしまっているため、一般入試での合格者数枠がそもそもなくなっているのです。
合格者枠が10名として、そこに1000人が受験した場合は合格率は1%になる、ということになります。

大学受験は高校3年生からとか、部活動を引退してから、などと考えていてはいけません。
東京23区内の私学を狙うということは、高校から推薦をもらえるようにすることが一番なのです。
もしくは、センター試験を受けて国公立大学を目指すことも考えられます。
もし時間に猶予があるならば、受験科目が少ない私立大学にまとを絞ることなく、国公立大学を目指しませんか?

地方の大学にも素晴らしい研究を行っているところは少なくありません。
マイナーな学部もありますが、マイナーだからこそその分野ではキラリと光る存在になれる可能性は大です。
卒業生がどんな仕事に就いているのかを調べることも大学選びのひとつです。

このような政策は今後10年間は続きそうです。
現在中学生のひとも既に高校生のひとも、受験というルールを知ることでやらなければならないことがきっと見えてきます。

The following two tabs change content below.
塾長
代表笹原塾/セルモ東所沢柳瀬教室
勉強って何からどうはじめたらいいの? 参考書の説明が理解できない! なんて勉強の迷子になっていませんか。でも大丈夫。「ここに勉強って、意外と楽しい!」の伝道師がいます。ご相談や体験は無料です。「お問い合わせはこちらまで。」

関連記事

  1. 思案している女子高生

    大学入試の英語がマークシート方式と民間試験の両方が必須に!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

埼玉県公立高校入試まで2019年2月28日
あと73日です。
最近の記事 おすすめ記事
  1. お金が飛んでゆく
  2. 学生たちの困った顔
  3. 私立中高一貫校フェア
  1. 私立中高一貫校フェア
  2. 実験している女子高生
  3. 机の上のノートとテキスト
  4. 勉強している小学生
  5. 解説が豊富な問題集

最近のコメント