大学入試の英語がマークシート方式と民間試験の両方が必須に!!

思案している女子高生

大学入試の方法が2020年度から変わることをお伝えしてきましたが、英語において従来のマークシート方式と英検・TOEICなど民間試験の両方を必須とすることが、国立大学協会から発表されました。
共通テストを利用する全82の国立大学が対象ですが、私立大学も増えるかもしれません。
受験生の混乱を防ぐことが理由とありましたが、このことがまさに混乱を招く一因のように思えます。それに受験生の負担が増えることにもなります。

個人的な思いですが、国立大学を預かる人たちにしてみると自分の大学の入試問題を自分で出すことができないことに多少なりとも疑問とどこか腑に落ちないような考えがあったのではないでしょうか。
国立大学協会は今年度中に指針をまとめるそうです。これからも目が離せませんね。

追伸、
テストの回数は増えることになりますが、勉強することに何も変わりはありません。
同じ受験生同士に与えられる課題は皆平等です。
受験生のみなさんは自分を信じて勉強を継続してください。

The following two tabs change content below.
笹原 誠
塾長笹原塾/セルモ東所沢柳瀬教室
勉強って何からどうはじめたらいいの? 参考書の説明が理解できない! なんて勉強の迷子になっていませんか。でも大丈夫。「ここに勉強って、意外と楽しい!」の伝道師がいます。ご相談や体験は無料です。「お問い合わせはこちらまで。」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 朝日新聞朝刊記事2017年4月7日より
  2. 実験している女子高生
  3. 手を上げている子どもたち
  4. 思案している女子高生
  1. 実験している女子高生
  2. 机の上のノートとテキスト
  3. 勉強している小学生
  4. 解説が豊富な問題集
  5. 秋草学園校門の風景

最近のコメント