【西武台高等学校】学習塾向け入試説明会に参加しました。

西武台高等学校 学校案内

2017年5月19日に西武台高等学校、西武台中学校の学習塾向け説明会がありました。
つい先日、入試が終わってホッとしたのも束の間、既に来年春の入試に向けて各私立学校は始動しています。

ここ東所沢から最も近い私立高校のひとつで、北辰テストの会場としてもお世話になっている“西武台高等学校”についてご報告します。

進学率がさらに伸びています。

今春の卒業生430名のうち、362名が進学されています。
そのうちG-MARCHを例にすると、前年対比約2.5倍の50人以上が合格されました。
早慶上理を含めた4年制大学全体では262名になっています。

文部科学省の指導により全国の大学合格者数が、16万人から11万人へ減らされていることを考えると、驚異的な伸びです。指導される先生方はもちろん、目的を持って勉学に励んだ生徒の皆さんの努力が実を結んだ結果です。

ちょっと脱線して、
西武台中学校が創立6年を経過しました。今春の大学受験生の中に中高一貫で学ばれた生徒がはじめて含まれました。合格者数の大幅増には彼らの存在が大きかったものと思います。中高一貫校の人気が高まっていることに頷けます。

外部模試・検定の活用

他に印象に残ったお話しは、高校基礎学力テストや英検などを積極的に利用されていることです。
私も塾生に常々伝えていることですが、テストで何点取ったとか、検定に合格した・しなかった、で終わらせることなく、できる単元とまだできない単元を見極め、解き直しをすることが重要であり、同じ問題が出たら二度と間違えることがないようにしなければなりません。この勉強法を実直に実行されています。

積極的に議論を交わす

ディベートを授業に取り入れていらっしゃいます。
ディベートというと相手の矛盾や弱みにつけ込んで、言葉で徹底的に打ち負かすというイヤなイメージがありますが、相手の矛盾した意見の中にその人が抱えている感情や想いを読み取り、相反する考えの妥協点を見いだす重要な手がかりを発見する有効な手法でもあります。

「どうして国語を勉強しなくてはいけないの?」と塾生に聞かれることがあります。
私の答えは、「他人(ひと)の話していることを理解し、自分の考えを誤解されずに伝えるため。」と回答しています。
そのために必要な論理的な思考と会話がディベートでも養えます。

グローバル社会と言われてずいぶん久しいですが、これからの子どもたちはもっともっと外国の方とお付き合いする機会が日常のことになります。日本人だけでなく外国の方とも円滑な人間関係を気づくには、ディベートはぜひやっておきたいところです。
相手に忖度を求めるのは限界があります。

2018年の入試相談・合格基準の発表

来年度の相談基準についても発表がありました。

1)通知表に「1」があってはいけません。
2)欠席は、3年間で10日間までです。
3)北辰テストは7月以降のもので判断されます。
  偏差値の高かった2回分で、3教科と5教科の混合は不可です。
4)特待生と特進Sコースは、北辰テストの9月以降のベスト2で、かつ5教科で判断されます。
  私立高校といえども社会や理科もおろそかにしてはいけないわけですね。

内申点基準・偏差値などの具体的な基準はマル秘指定にされていますので、
下記にご案内する見学会や説明会に参加されるか、笹原塾までお問い合わせください。

以上が主だったところです。

近年は新座市からの志望者がドンドン増えています。
地元の生徒が集まってくる学校は、イイ学校であることの評価基準のひとつです。
一度は学校説明会に参加されることをおすすめします。

直近のイベントスケジュールは以下の通りです。

    クラブ見学会 7月15日(土)午前
    学校説明会  8月19日(土)午前・8月20日(日)午前
    文化祭    9月9日(土)・10日(日)

いずれも予約は不要です。
西武台高等学校 公式サイト はこちら

関連記事

  1. 解説が豊富な問題集

    失敗しない受験対策|問題集の選び方

  2. 平成30年度入試結果報告

  3. 受験生、全員合格しました!

  4. 授業風景

    来年度の埼玉県公立高校の定員が800人分減ることに!

  5. 秋草学園校門の風景

    【秋草学園高等学校】学習塾向け学校説明会に参加しました。

  6. 埼玉県の私立高校入試がピークを迎えました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。