「勉強しなさい」ばかりを言っていてはダメ。

一生懸命に勉強する男の子

お盆休みもおわり、今日から夏期講習の後半戦が始まりました。

今日の午前9時50分、
「先生、こんにちは。早く勉強はじめよ。」
いつもは眠そうにしている男の子ですが、“とても勉強がしたい”のだそうです。

よくよく話を聞けば、この1週間は誰にも勉強しなさいと言われずにおもいっきり遊んでいたとのこと。
おばあちゃん、おじいちゃんの家に集まった大好きないとこたちとの遊びがとても楽しかったようです。
遊びに熱中していても勉強をしなくてはいけない、との想いはいつも持っていたようです。
充実した遊びの時間を過ごせば、次は勉強という考えに自然になるものです。

そして今日からはじまった夏期講習後半戦。

子どものやる気と自信を削がないように、ちょっと楽にわかるところまでさかのぼりウォーミングアップをしました。
それから2学期の授業の先取りをしてみると戸惑いながらも自力で解こうとしています。その姿に感動させられました。

あっという間に時間が経過し、帰りを見送る際に外に出ると「あ〜、楽しかった。」との感想。
再び感動させられました。

今日は、本人がやる気を前面に出していましたので、あえて教えることはしませんでした。
考えている間はただ見守るだけです。
間違いを直しているときに、ノートを見ることで問題を解いている過程がわかります。
勘違いしているところ、うっかりミスをしているところをちょっと指摘するだけでどんどんと良くなります。

なんでも“過ぎる”ことは良くないと思っています。
教えすぎることもそうです。
自分で考えずに結果だけを求める子になってしまいます。
どうして間違ったのかを理解しなければ、それは勉強とは言えません。

この塾では、高校生になったら参考書だけで自律した勉強ができる子を輩出することを主眼に置いています。

ずっと勉強、勉強と言われ続ければ惰性になってしまいます。
遊ぶときには遊ぶ、勉強するときには勉強する、メリハリをつけることが大切です。
モンストをさせている家庭の子どもの方が成績が優秀という事例もあります。

「勉強しなさい!」ばかりを言っていたはダメですね。
このことを改めて考えるきっかけになった今日の出来事でした。

The following two tabs change content below.
塾長
代表笹原塾/セルモ東所沢柳瀬教室
勉強って何からどうはじめたらいいの? 参考書の説明が理解できない! なんて勉強の迷子になっていませんか。でも大丈夫。「ここに勉強って、意外と楽しい!」の伝道師がいます。ご相談や体験は無料です。「お問い合わせはこちらまで。」

関連記事

  1. お金が飛んでゆく

    私立小中学校に子を通わせる家庭向けの授業料補助があります。

  2. 勉強している小学生

    宿題は翌朝の6時半から7時半にするのが効果的

  3. 実験している女子高生

    2020年大学入試が激変する|センター試験がなくなる! どう変わる?

  4. が〜ん!

    全部の教科がピンチになる子の共通点とは?

  5. 困っている父母

    勉強するって、かわいそうなこと?

  6. 私立中高一貫校フェア

    私立中学校フェア埼玉☆2018☆ のご案内

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。