失敗しない受験対策|問題集の選び方

解説が豊富な問題集

夏休みが終わって2週間が経ち、すぐそこまで秋が来ていることを感じられるようになりました。
私立高校において合否相談をする際の参考資料となる北辰テストも実質10月・11月実施分がヤマ場です。
そして、今月は大学入試のセンター試験出願の月でもあります。
受験生としての実感がよりリアルに感じている人も多いのではないでしょうか。

さて、今回は問題集の選び方で気をつけて欲しいことを述べます。

まずはやってはいけないことから。

  1. 詳細な情報までのっている分厚い問題集に手を出すこと
    何でもかんでも覚えようとすることは非常に大変です。
    大好きな教科であれば楽に覚えることもできますが、そうでは無い科目をそれも短期間でマスターしようとするには無理があります。
    試験を突破するために100点を取る必要はありません。要点をしっかりとつかむことが時間も労力も最小に抑えることができます。
  2. 簡単な(簡単だと思われる)問題集をクリアしてから、難易度が高い問題集へステップアップしようとすること。または同じ教科の問題集を何冊も揃えること
    全くの時間の無駄です。
    歴史を例にたとえるとどの問題集も弥生時代あたりまでやって、それ以降の時代はキレイなまま。
    ちょっとわからない、あまり興味が無い時代だと他に目移りがしてしまう。そんな人も多いように思えます。
  3. 例題が少なく解答のみの問題集を選ぶこと
    問題集で勉強するのはなぜか。改めて聞かれると変な質問に感じられますが、その目的を明確にしておきましょう。
    自分の得た知識が正しいのか、まちがって(誤解して)覚えてしまっていないか、を試すものです。
    問題集を解いて自分の答えがまちがっていると、正解を書き加えて次の問題へ進む人のなんと多いことか!

それではどうすれば良いのでしょう。

  1. 試験勉強では覚えるべき情報だけを覚えるべきです
    そのためには覚えるべき情報の選別が必要です。その情報の見分け方のコツは過去問を見たり塾や予備校が分析している試験の傾向集を参考にすることです。
    テストの種類や志望校に応じて必ずそれぞれの傾向が見られます。
  2. パラパラとページをめくってみて50〜60%程度今の実力で解けそうだと思える問題集1冊にしぼること
    あまり簡単だと勉強している気になりません。難しすぎればすぐに行き詰まります。
    将棋でも武道でもスポーツでも自分よりちょっと上手な人と対戦した方が力が付くものです。
    自分のレベルよりちょっと上の問題集1冊をくり返し解くことが合格への近道です。
    「同じ問題だから答えを覚えてしまった、これでも大丈夫なの?」と質問されることがあります。が、それで良いんです。それが良いんです。そのレベルになれば答えだけでなく、模範解答もあわせて覚えているはずです。
    記憶に残っているということは、気をつけるべきところ、自分の間違いやすいところといった分析もできています。自信を持って同じ問題集をくり返し解くようにしましょう。
  3. 間違えた問題は“お宝”だと思うこと!
    問題を解いてまるつけをする。答えが合っていれば赤ペンで○、間違っていれば“正解を記入する”。日常的な光景です。
    でも、ちょっと待ってください。間違った問題に正解を書き加えてはいけません!!
    正解を書き加えることでその問題は、もう終わり、になっていませんか?
    自分の考え方のどこにミスや誤解があったのか、模範解答と見比べて新しい気づきや同じミスをもうしないための分析が本当の勉強です。
    間違った問題はあとでもう一度挑戦します。そのために間違った理由をしっかりと理解することが大変重要です。何度も言いますが、この工程が勉強そのものです。
    ですから間違ったとしても消しゴムで消すことは必要ありません。消すのではなく間違った理由を自分のことばで書き加えるのです。
    夏休みの宿題などで(まるで答えを写したかのような)正解だけがスラスラと書かれている問題集には何の意味もありません。
  4. 最後に、
    知識が無いのに過去問を見て何を覚えるべきかは分析できないし、問題集に取り組んでも勉強にはならないことを認識する!
    勉強はインプットとアウトプットがバランス良く両立することが大前提です。
    問題集選びでレベルのお話しは先ほどしました。ここではその内容・構成についてお話しします。
    例題が豊富で、その例題に対する解答解説が詳細なものを選びましょう。
    すぐに問題を解こうとするのではなく、例題が解けるのかを試してみる。
    模範解答がそばに書かれてあるので正しく解けたかどうかはすぐにわかります。
    それが問題ないようであれば、問題を解きはじめるのです。
    小学5年生の比例の知識がなければ、中3の二次関数どころか中1の一次方程式も中2の一次関数すら解けません。

学校の先生でも良いし、塾や予備校に通っているのであれば積極的に相談に行きましょう。
皆さんが相談に来てくれることをうれしく思うことはあってもイヤな顔をする先生はいませんよ。(^^)

The following two tabs change content below.
笹原 誠
塾長笹原塾/セルモ東所沢柳瀬教室
勉強って何からどうはじめたらいいの? 参考書の説明が理解できない! なんて勉強の迷子になっていませんか。でも大丈夫。「ここに勉強って、意外と楽しい!」の伝道師がいます。ご相談や体験は無料です。「お問い合わせはこちらまで。」

関連記事

  1. 手を上げている子どもたち

    実は新しい教育改革は2020年度ではなく2018年度からはじまります。…

  2. 授業風景

    来年度の埼玉県公立高校の定員が800人分減ることに!

  3. 西武台高等学校 学校案内

    【西武台高等学校】学習塾向け入試説明会に参加しました。

  4. 新学習指導要領で英語教育はどう変わるのか。子どもたちへの影響は。

  5. 叱っている先生

    学校の宿題には塾でやって良いものとダメなものがある、というお話し。

  6. 秋草学園校門の風景

    【秋草学園高等学校】学習塾向け学校説明会に参加しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 実験している女子高生
  2. 手を上げている子どもたち
  3. 困っている父母
  4. 机の上のノートとテキスト
  5. 勉強している小学生
  1. 実験している女子高生
  2. 机の上のノートとテキスト
  3. 勉強している小学生
  4. 解説が豊富な問題集
  5. 秋草学園校門の風景

最近のコメント