来年度の埼玉県公立高校の定員が800人分減ることに!

授業風景

平成29年6月21日(水)に県の教育局が平成30年度の全日制の募集を800人分減らすことを発表しました。
定時制の募集人員に変わりはありません(2240人)。

来春の中学校卒業予定者数は、6万4356人でこの内3万8720人分が公立高校の枠です。

川口総合高校、市立川口高校、県陽高校が平成30年度に川口市立高校に再編されます。
また、大宮西高校が再来年度(平成31年度)に中高一貫校になるため来年度から募集を停止します。
そして、春日部高校、浦和一女高校など20校でも合計800人分減らされます。

一方、蕨高校や川越高校など7校では合計280人分が増えます。

柳瀬中学校の生徒さんの場合、地元所沢市内とおとなり新座市内の高校が気になりますが、今回の増減にあてはまる学校はありません。しかし、近隣の浦和・川越・朝霞・入間では変更がありますので確認が必要です。

埼玉県の高校は、“学区”が廃止されていますので、地元以外の高校に通うことは珍しくありません。
他の地域からこちらへ流入する生徒さんも大勢います。
地元に関係ないからと軽く見過ぎてはいけませんよ。

詳しくは、埼玉県教育委員会 平成30年度生徒募集人員一覧を参照してください。

The following two tabs change content below.
笹原 誠
塾長笹原塾/セルモ東所沢柳瀬教室
勉強って何からどうはじめたらいいの? 参考書の説明が理解できない! なんて勉強の迷子になっていませんか。でも大丈夫。「ここに勉強って、意外と楽しい!」の伝道師がいます。ご相談や体験は無料です。「お問い合わせはこちらまで。」

関連記事

  1. 秋草学園校門の風景

    【秋草学園高等学校】学習塾向け学校説明会に参加しました。

  2. 解説が豊富な問題集

    失敗しない受験対策|問題集の選び方

  3. 西武台高等学校 学校案内

    【西武台高等学校】学習塾向け入試説明会に参加しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 実験している女子高生
  2. 手を上げている子どもたち
  3. 思案している女子高生
  4. 困っている父母
  5. 机の上のノートとテキスト
  1. 実験している女子高生
  2. 机の上のノートとテキスト
  3. 勉強している小学生
  4. 解説が豊富な問題集
  5. 秋草学園校門の風景

最近のコメント