県立高校が10〜13校削減される!?

学生たちの困った顔

埼玉県教育委員会が、2029年4月をめどに全日制の県立高校を10〜13校減らす方針を示しました。
現在の134校から121〜124校にするそうです。

少子化で定員割れしている高校が増えており、部活も活発にできなくなる。再編することで学校の活性化を目指す、というのが理由とのこと。

自分がせっかく受験を突破したのに10年後に母校がなくなってしまう、というのは淋しいことです。
では、どういう高校が削減または統合の対象になるのでしょうか。
県教育局は、十分な教育を行うのに適正な学校規模として、「1学年あたり8〜6学級(40人/1クラス)」を基本的な目安にしています。
今後、この目安に満たない高校は対象になると思われます。

志望校選びの判断材料のひとつとしてください。

The following two tabs change content below.
塾長
代表笹原塾/セルモ東所沢柳瀬教室
勉強って何からどうはじめたらいいの? 参考書の説明が理解できない! なんて勉強の迷子になっていませんか。でも大丈夫。「ここに勉強って、意外と楽しい!」の伝道師がいます。ご相談や体験は無料です。「お問い合わせはこちらまで。」

関連記事

  1. 机の上のノートとテキスト

    朝型学習って良いかも! そのメリットとコツについて

  2. が〜ん!

    全部の教科がピンチになる子の共通点とは?

  3. 中1・中2生対象 北辰テストお申し込み受付中!

  4. 朝日新聞朝刊記事2017年4月7日より

    同じ埼玉県下の中学生でも地域によって英語力に大きな差が生まれている事実…

  5. 学力調査正答率が今年も全国平均を下回る。

  6. 勉強している小学生

    宿題は翌朝の6時半から7時半にするのが効果的

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。