【秋草学園高等学校】学習塾向け学校説明会に参加しました。

秋草学園校門の風景

2017年6月21日に秋草学園高等学校の学習塾向け説明会がありました。
今回はその時にうかがったトピックスをいくつかご紹介します。

所在地は狭山市ですが、東所沢から直通のスクールバスも出ていて、安心して通学することができる最も近い私立高校のひとつです。

共学ではなく別学を貫く学校設立時からの教育理念

少子化対策の一環で男子校・女子校が共学へと変わる学校が多い中で、秋草学園高等学校は別学をこれからも貫かれるとのことです。
1949年に「社会で活躍する女性の育成」を目指して創立された“女子教育”に特化した学校なんですね。

共学ではなく別学にする意味・意義は何か。そのご説明がありました。
 1)女の子には女の子の伸ばし方がある
   脳科学の研究により男女脳に違いがあることが判明された
   ・女子は言語能力が高い
   ・男子は空間認知能力が高い
   ・成熟のスピードが違う
   ・学習態度、友情のあり方、聞こえ方、見え方が違う
   ・記憶の仕方、感情の処理の仕方が違う
    などなど
 2)学力面で効果が高い
   これは私も感覚的に成績上位校には男子校・女子校が多いと感じています
   イギリスのデータですが全国統一模試の上位50校のうち約8割が男女別学
 3)女子に特有の教育法、伸ばし方がある
   これまでに培われてきた秋草学園ならではの重い響きを感じました


高い合格率を誇る進路指導

特進選抜コース(国立大・難関私立大学の現役合格を目指す)
進学選抜コースα類(看護医療系進学希望者にも対応。有名大学の現役合格を目指す)
上記の各コースは進学率100%

進学選抜コースβ類(苦手科目を克服して目標大学への現役合格を目指し、文武両道で未来を切り開く力を育成する)
進路決定率96%

進学コース(基礎基本を身につけ幅広い進路に対応する)
進路決定率98%

幼児教育・保育進学コース(幼稚園教諭・保育士等の幼児教育・保育のスペシャリストを目指す)

いずれのコースにおいても、進路ガイダンス、就職ガイダンスを厚くおこなっており、思考力・協働する力・問題解決能力を養い、社会で輝くための下地を育むことが可能です。


2018年の入試相談・奨学生・推薦合格の基準

来年度の相談基準についても発表がありました。

1)通知表に「1」がある場合は一般入試になります。
2)欠席は、3年間で30日間までです。
3)9科内申のみですが、加点してもらうことができます。
  生徒会の役員や学級委員長などで加点されますが、
  これから加点を目指すのであれば
  英検(3級以上)・漢検(3級以上)・数学検定(4級以上)
  が狙い目です。
3)北辰テストによる偏差値判定は4月実施分から採用。
  単願は偏差値がもっとも高かった1回分、
  併願は上位2回分の平均です。

内申点基準・偏差値などの具体的な基準はマル秘指定にされていますので、
秋草学園高等学校による説明会に参加されるか、笹原塾までお問い合わせください。

これから皆さんはいろいろな高校を見学に行かれると思いますが、その学校では何単位取得することを生徒に求めているかをぜひ調べてください。
秋草学園高等学校は38単位です。
県立高校は多くて33〜34単位です。

文科省の方針でアクティブラーニングが導入されていますが、実はムダになる時間が多いのです。
知識をインプットする時間がさらに必要になります。
授業時間が短いのに、アクティブラーニングを導入することは非常に危険だと言えるでしょう。

そういった危惧すべきことに対して秋草学園高等学校はすでに対応されています。
大学入試の一体改革についてもどんどん対策をとられている学校です。


東所沢にお住まいで女子中学生であれば、一度はイベントや説明会に参加されることをおすすめします。
直近のイベントスケジュールは以下の通りです。

体験イベント&説明会日程
「平成29年秋草学園の体験イベント&説明会パンフレットをダウンロードできます。」

秋草学園高等学校 公式サイト はこちら

追伸、
秋草学園高等学校は正門から入ると季節の花々が迎え入れてくれるだけでなく、校舎内はトイレも教室もホールも実にキレイです。

The following two tabs change content below.
笹原 誠
塾長笹原塾/セルモ東所沢柳瀬教室
勉強って何からどうはじめたらいいの? 参考書の説明が理解できない! なんて勉強の迷子になっていませんか。でも大丈夫。「ここに勉強って、意外と楽しい!」の伝道師がいます。ご相談や体験は無料です。「お問い合わせはこちらまで。」

関連記事

  1. 西武台高等学校 学校案内

    【西武台高等学校】学習塾向け入試説明会に参加しました。

  2. 授業風景

    来年度の埼玉県公立高校の定員が800人分減ることに!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。